Eggplant AI Agentとの連動

Eggplant AIでモデルを構築する場合、テストシステムとの各インタラクションは、接続されているEggplant FunctionalスイートがSenseTalkコードスニペットを用いて処理します。このインタラクションを管理するには、Eggplant AIを実行する予定の各マシンにエージェントをインストールする必要があります。

エージェントとは?

エージェントは、お使いのローカルマシンに常駐し、ブラウザで実行されているEggplant AIとEggplant Functional スイートとの間の通信を可能にするプログラムです。この通信により、Eggplant Functionalで作成されるSenseTalkスクリプトを通じて、Eggplant AIで作成する概念的なモデルをテスト対象システム(SUT)に結び付けることができます。

Eggplant AIは、ブラウザベースのウェブアプリです。そのため、ネットワークで接続され、対応のブラウザを備えたマシンであれば、Eggplant AIにアクセスすることが可能です。エージェントは、Eggplant AIが実行される各マシンにインストールする必要があります。

エージェントには、接続名を含む基本的な接続情報をいくつか設定します。この接続名は、Eggplant AIの設定において使用します。エージェントが接続されたら、Eggplant AIモデル内のアクションにSenseTalkスニペットをアタッチできるようになります。モデルを実行すると、SUT上でSenseTalkスニペットが実行され、Eggplant AIのコンソールに結果が返されます。

エージェントのインストール

エージェントは、Windows .exe ファイル、Macアプリまたは生Pythonとしてダウンロード可能です。Eggplant AIのFileメニューからお使いのシステムに合ったバージョンを選択してください。

Windows

  1. File > Download Agent (Windows Installer)の順に選択します。eggplantAIagent.msiファイルがダウンロードフォルダに保存されます。
  2. eggplantAIagent.msiをダブルクリックし、プロンプトに従ってインストールを完了させます。インストーラにより、eggplantAIagentへのショートカットがデスクトップ上に保存されます。

Mac

  1. File > Download Agent (Mac App)の順に選択します。eggplantAIagent.dmgファイルがダウンロードフォルダに保存されます。
  2. eggplantAIagent.dmgをダブルクリックして開きます。
  3. eggplantAIagent.appをアプリケーションフォルダにドラッグします。

Python

  1. File > Download Agent (raw python)の順に選択します。eggplantAIagent.zipファイルがダウンロードフォルダに保存されます。

エージェントの実行

Windowsではデスクトップのショートカットから、MacではアプリケーションフォルダからEggplant AI Agentを起動することができます。生Pythonエージェントは、コマンドラインを使って実行する必要があります。

Windows

  1. デスクトップのショートカットをダブルクリックします。Eggplant AI AgentのGUIが開きます。

    Windows上でのEggplant AI Agentウィンドウ

  2. 接続情報と設定を入力します。
    • Connection name:ユーザーが選択する接続の名前です。Eggplant AIでスイートとモデルの接続を行う際に入力する名前は、これと同じでなければなりません。
    • Server address:接続を行うEggplant AIサーバーのアドレスです。
    • Eggplant Functional drive executable: お使いのシステムにおける runscript.batファイルの保存場所と、接続用のオープンポートです。デフォルトのポートは5400です。
    • SSL:デフォルトで選択されます。Eggplant AI AgentをEggplant Functionalに接続できない場合は、このチェックボックスの選択を解除してください。
    • Start Eggplant Functional GUI:Eggplant Functionalをドライブモードで実行するときは、このチェックボックスの選択を解除します。
    • Extra debug messages:選択しておくと、より詳細なログメッセージが表示されます。
    • Clean Eggplant Functional executables:選択しておくと、Eggplant Functionalが正常に閉じない場合にバイナリ実行ファイルが削除されます。
  3. Startをクリックします。Eggplant Functionalが開き、コマンドプロンプトが開きます。
  4. Stopをクリックすると、エージェントが停止し、Eggplant Functionalとコマンドプロンプトが閉じます。Exitをクリックすると、エージェントが停止して閉じ、Eggplant Functionalとコマンドプロンプトも閉じます。

Mac

  1. アプリケーションフォルダでeggplantAIagentのアイコンをダブルクリックします。Eggplant AI AgentのGUIが開きます。

    Mac上でのEggplant AI Agentウィンドウ

  2. 接続情報と設定を入力します。
    • Connection name:ユーザーが選択する接続の名前です。Eggplant AIでスイートとモデルの接続を行う際に入力する名前は、これと同じでなければなりません。
    • Server address:接続を行うEggplant AIサーバーのアドレスです。
    • Eggplant Functional drive executable: お使いのシステムにおける runscriptの保存場所と、接続用のオープンポートです。デフォルトのポートは5400です。
    • SSL:デフォルトで選択されます。Eggplant AI AgentをEggplant Functionalに接続できない場合は、このチェックボックスの選択を解除してください。
    • Start Eggplant Functional GUI:Eggplant Functionalをドライブモードで実行するときは、このチェックボックスの選択を解除します。
    • Extra debug messages:選択しておくと、より詳細なログメッセージが表示されます。
    • Clean Eggplant Functional executables:選択しておくと、Eggplant Functionalが正常に閉じない場合にバイナリ実行ファイルが削除されます。
  3. Startをクリックします。eggPlant Functionalが開きます。
  4. Stopをクリックすると、エージェントが停止し、 Eggplant Functionalが閉じます。Exitをクリックすると、エージェントが停止して閉じ、Eggplant Functionalも閉じます。

Python

pip経由でPythonパッケージのwebsocket-clientpsutilがインストールされている必要があります。

  1. コマンドプロンプトを開いて、python eggplantAIagent.zip –s eggplantai.testplant.com –-name <Connection name>と入力します。
  2. Pythonエージェントでヘルプが必要なときは、コマンドラインにpython eggplantAIagent.zip –-helpと入力します。

 

This topic was last updated on 5月 11, 2018, at 11:59:06 午前.

Eggplant icon Eggplant.io | Documentation Home | User Forums | Support | Copyright © 2018 Eggplant