SenseTalkリファレンスマニュアル

SenseTalkは、TestPlantのテスト自動化ツールであるeggPlant Functionalでのスクリプト開発に使用される、英語仕様のスクリプト言語です。以下の情報は、SenseTalkを理解するのに役立ちます。

SenseTalkについて: SenseTalkは、お使いのコンピュータをコントロールするための言語です。SenseTalkとその動作に関する概要とより詳細な説明は、こちらの情報をご確認下さい。

キー要素:1時間で、SenseTalkに関するほとんどのことを学習することはできるでしょうか?経験豊富なプログラマーや知識を求めるユーザーのための1時間の入門編があります。こちらの情報をご確認下さい。

基本:SenseTalkを効果的に使用するために、いくつかの基本コンセプトを理解する必要があります。値やコンテナ、式、制御構造を完全に理解するために、こちらの情報をご確認下さい。

オブジェクトとメッセージ:SenseTalkをよりよく理解し、その機能を活用するには、その他のコンセプトを把握する必要があります。メッセージとハンドラ、オブジェクトとそのヘルパーについては、こちらの情報をご確認下さい。

データベースの取り扱い:SenseTalkスクリプティングを使用してデータベースを操作する方法については、こちらの情報をご確認下さい。

コマンドと関数:SenseTalkは、情報処理に役立つ多数のコマンドと関数をサポートしています。SenseTalkエクスペリエンスを最適化するために、こちらの情報をご確認下さい。

GUI自動化コマンドと関数:SenseTalkは、Eggplant Functionalスクリプティングに特に役立つ、テスト対象システム(SUT)とやり取りする機能をご提供します。

ローカルプロパティとグローバルプロパティ:これらのプロパティは、ハンドラ内の挙動をグローバルとローカルの両方で管理します。ハンドラについて理解し、そのプロパティが及ぼす挙動への影響を把握するために、こちらの情報をご確認下さい。

 

This topic was last updated on 3月 04, 2019, at 03:09:38 午後.

Eggplant icon Eggplant.io | Documentation Home | User Forums | Support | Copyright © 2019 Eggplant