開発用Provisioning Profileの取得

A provisioning profile links your signing certificate and App ID so that you can sign apps to install and launch on iOS devices. You must have a development provisioning profile to sign apps for use with iOS Gateway version 3.4 and later.

注意:開発用Provisioning Profileは企業用または配布用Provisioning Profileとは異なります。Provisioning Profileのタイプについての情報は、iOS Developer LibraryのMaintaining Your Signing Identities and Certificates(署名IDと証明書のメンテナンス)を参照してください。
注意:Provisioning Profileを作成する前に、署名したいアプリ用のApp IDを取得する必要があります。App IDはProfileに含まれるからです。App IDの作成については、Creating an iOS App ID(iOS App IDの作成)を参照してください。

Step by Step: Creating Your Development Provisioning Profile

開発用Provisioning ProfileはオンラインApple Developerポータルから取得する必要があります。開発用Provisioning Profileを取得するには、次の手順に従ってください。

  1. Apple DeveloperウェブサイトのMember Centerに、Apple Developerアカウントでログインします。Apple Developerアカウントをお持ちでない場合は、作成してください。
  2. In the Member Center, click to select the Certificates, Identifiers & Profiles section, then select Provisioning Profiles > All in the left panel, under iOS, tvOS, watchOS.
  3. Provisioning Profileを作成するには、右上隅のAdd(追加)ボタン (+) をクリックします。
  4. If you're testing iOS devices, select iOS App Development as the type. If you're working with Apple TV, select tvOS App Development as the type. Click Continue.
  5. ドロップダウンリストからこのプロファイルを使用したいアプリ用の App ID を選択し、次にContinue(続ける)をクリックします。
    Provisioning Profileの前にApp IDを作成しておくことを忘れないでください。これでリスト上で利用できます。For information on creating the App ID, see Creating an iOS App ID.
  6. 開発用Provisioning Profileにアクセスするチームメンバーを選択し、次いでContinue(続ける)をクリックします。
  7. この開発用Provisioning Profileが適用される機器を選択し、次いで Continue(続ける)をクリックします。
  8. プロファイルに名前を付けて、次にGenerate(生成)をクリックして開発用Provisioning Profileを作成します。
  9. アプリケーションに署名する機器にプロファイルをダウンロードします。機器はiOS GatewayとXcodeがインストールされたものと同じでなければなりません。

Developerポータルで既存のプロファイルを編集できます。You can also view and download profiles that are associated with your account through Xcode by going to Xcode > Preferences > Accounts.

Provisioning Profileで何をしますか?

If you will be testing iOS 9 or later devices, or using iOS Gateway 3.4 or later, you need to import the development provisioning profile into Xcode on the same machine where you will run iOS Gateway. プロファイルをXcodeにインポートするには、ダウンロードしたファイルをダブルクリックします。インポートが成功してもファイルが開いたりXcodeから確認を得たりする表示はされませんが、機器にXcodeのアイコンが表示されます。

現在iOS 9以降の機器をテストしていなくても、以下の手順に従ってプロファイルをXcodeにインポートする事を考慮するかもしれません。特にWildcard App IDのプロファイルで後ほどテストの需要が変わった場合に使用したい事はあり得るでしょう。You can re-download your provisioning profiles from the Apple Developer website as well as through Xcode.

Make sure you know where on the local machine you've stored the development provisioning profile. The default location is ~/Library/MobileDevice/Provisioning Profiles. iOS Gatewayで署名用ツールでアプリに署名する場合に、プロファイルのファイルをブラウズしたりナビゲートする必要があります。For complete information about signing apps, see Signing Apps for Use with iOS Gateway.

 

This topic was last updated on 2月 21, 2019, at 04:23:50 午後.

Eggplant icon Eggplant.io | Documentation Home | User Forums | Support | Copyright © 2019 Eggplant