開発用署名証明書を入手

A signing certificate is the first requirement you need in order to be able to sign apps for installation on iOS devices. 特に機器にアプリを個々にインストールして実行するには、開発用証明書が必要です。(これはチームに発行される配布証明書とは違う点に注意してください。 Appleの証明書の要件についての完全な情報については、AppleのiOSデベロッパーライブラリのYour Signing Certificates in Depth(署名証明書の詳細)を参照してください。)

To learn about the additional signing requirements, see Signing Apps for Use with iOS Gateway.

着実に:Appleから署名証明書を入手

署名証明書はオンラインApple Developerポータルから取得する必要があります。開発用署名証明書を取得するには、次の手順に従ってください。

Note: These steps should be completed on the same machine where iOS Gateway is installed. 違う機器上で開発者用証明書を作成したら、その機器から証明書をエクスポートして、iOS Gatewayでアプリに署名するために使用する前に、iOS Gatewayがインストールされてる機器に証明書をインポートする必要があります。
  1. Apple DeveloperウェブサイトのMember Centerに、Apple Developerアカウントでログインします。Apple Developerアカウントをお持ちでない場合は、作成してください。
  2. Member CenterでCertificates, Identifiers & Profiles (証明書、ID、プロファイル)をクリックしてセクションを選択し、次にiOS APPのCertificates(証明書)を選びます。
  3. 証明書を作成するには、右上隅のAdd(追加)ボタン (+) をクリックします。
  4. タイプとしてiOS App Development(iOSアプリ開発)を選択し、Continue(続ける)をクリックします。
  5. 画面上の指示に従って、証明書署名要求(CSR)ファイルをMacのキーチェーンアクセスで作成してウェブサイトにアップロードし、Generate(生成)をクリックします。
  6. 証明書をダウンロードして、それをダブルクリックしてキーチェーンにインストールします。

以前に証明書を作成していれば、それをMember Centerからダウンロードします。左のサイドバーで、All(全)証明書をクリックして、その証明書が利用可能かをチェックします。適切な証明書をリストから選んでDownload(ダウンロード)をクリックします。

 

This topic was last updated on 2月 21, 2019, at 04:25:09 午後.

Eggplant icon Eggplant.io | Documentation Home | User Forums | Support | Copyright © 2019 Eggplant