eggPlant Functionalの使用

eggPlant Functionalは、TestPlantのテストオートメーションツールです。eggPlant Functionalを使用する際には、しばしば値を返す多くのタスクを作動させる事があります。ワークフローは変化する場合がありますが、以下でeggPlant Functionalのテストのコアを形成するタスクと、各トピックについての詳細情報を記載した追加のページへのポイントについて、概要を説明しています。

SUTに接続する

使用する接続方法は接続するシステムのタイプ、すなわちモバイルデバイス、デスクトップコンピュータ、その他に応じて変わります。Connecting to SUTs(SUTへの接続)セクションに、eggPlant Functionaインターフェースをどのように使ってAndroidデバイス、iOSデバイス、また同様に別のデスクトップのOSに接続するのかについての情報を記載しています。

スクリプトを作成する

スクリプトを作成して実行するには多くの時間がかかることがたまにあります。Creating Scripts(スクリプトの作成)セクションではeggPlant FunctionalのScript Editor(スクリプトエディタ)での作業についての情報、および利用できるスクリプト作成の別のモードについて解説しています。画像検索がeggPlant Functionalの心臓部なので、画像のキャプチャと作業、および画像キャプチャの最良実施例についての情報もそこで得られます。SenseTalkスクリプト言語とデバッグのテクニックの基本もこの章で解説しています。

スクリプトを実行する

eggPlant Functionalインターフェースから、またコマンドラインからスクリプトを実行できます。複数のスクリプトを実行するスケジュールの設定も可能です。Running Scripts(スクリプトの実行)セクションでは、テスト結果の読み込みについての情報、eggPlant Functionalでのキーワード駆動型テストの使用についての情報、またeggDriveを使って外部テストをeggPlant Functionalで具体化するための情報も得られます。

設定

Preferences(設定)セクションに移動して、Preference settings(設定)を調整してeggPlant Functional環境をカスタマイズする方法を学びます。

Using Source Control Management (SCM)

Go to SCM to understand how to use eggPlant Functional to work with repositories in SCM.

 

This topic was last updated on 5月 11, 2018, at 11:59:07 午前.

Eggplant icon Eggplant.io | Documentation Home | User Forums | Support | Copyright © 2018 Eggplant